双極性障害 症状

双極性障害の症状

うつ病の時期とは、DSM-IV 診断基準によれば、毎日のように

(1)ほとんど1日中憂うつで、沈んだ気持ちになる

 

(2)ほとんどのことに興味を失い、普段なら楽しくやれていたことも楽しめなくなる

 

(3)意欲が低下(または増加)したり、体重が減少(または増加)する

 

(4)寝つきが悪い、夜中に目が覚める、朝早く目が覚めるなどの不眠が起こるか、あるいは眠りすぎてしまうなど、睡眠の問題が起こる

 

(5)話し方や動作が鈍くなるか、あるいはいらいらして落ち着きがなくなる

 

(6)疲れやすいと感じ、気力が低下する

 

(7)「自分には価値がない」と感じ、自分のことを責めてしまう

 

(8)何かに集中したり、決断を下すことが難しい

 

(9)「この世から消えてしまいたい」「死にたい」などと考える

の症状のうち、少なくとも(1)か(2)のどちらかを含む5つ以上の症状が、2週間以上続く場合をさします。

 

一方、躁病の時期は、

(1) 気分が良すぎたり、ハイになったり、興奮したり、調子が上がりすぎたり、怒りっぽくなったりして、他人から普段のあなたとは違うと思われてしまう

 

(2) 自分が偉くなったように感じる

 

(3) いつもよりおしゃべりになる

 

(4) 色々な考えが次々と頭に浮かぶ

 

(5) 注意がそれやすい

 

(6) 活動性が高まり、ひどくなると全くじっとしていられなくなる

 

(7) 後で困ったことになるのが明らかなのに、つい自分が楽しいこと(買い物への浪費、性的無分別、ばかげた商売への投資など)に熱中してしまう

といった症状のうち、少なくとも(1)を含む、4つ以上(1が怒りっぽいだけの場合は5つ以上)の症状が1週間以上続く場合をさします。

 

※日本うつ病学会ホームページ「躁うつ病とつきあうために」より抜粋

page top