高齢者うつ病

高齢者うつ病の基礎知識へようこそ

うつ病とは

うつというのは、精神的なエネルギーが低下して、気分がひどく落ち込んだり、何事にも興味を持てなくなったり、おっくうだったり、なんとなくだるかったりして強い苦痛を感じ、ほとんど毎日、日常の生活に支障が現れるまでになった状態です。

 

うつのときのつらい気持ちを言葉で表現するのはとても難しいのですが、うつにかかっているある女性は、悲しくて苦しくて涙がこぼれ落ちそうになる直前に胸が強く締めつけられるようになる、そうした状態がずっと何日も、場合によっては何ヶ月も続いているようなものだと語ったことがあります。

 

うつ病の基本的な症状を下記に示しました。

 

  1. 強いうつ気分
  2. 興味や喜びの喪失
  3. 食欲の障害
  4. 睡眠の障害
  5. 精神運動の障害(制止または焦燥)
  6. 疲れやすさ・気力の減退
  7. 強い罪責感
  8. 思考力や集中力の低下
  9. 死への思い

 

高齢者の「こころ」 の特徴

老人性うつ病の接し方について述べる前に、高齢者のこころの特徴をいくつかあげてみます。

 

まず第一に、正常の老化では、認知機能は全般的に遅延しますが、これにはいくつかの例外があることがわかっています。

 

例えば、抽象的な題材に関しては迅速さが保たれ類推する能力には長けており、論理的に考えていくよりも「印象」「直感」によって判断することが多くなってきています。また、流動性知識(反応の速さ、記銘力、問題処理能力など)は衰えやすい半面、結晶性知識(知識や理念。例えば、「奥の細道の作者は誰か?」「なぜ税金を払わなくてはいけないのか」など)は保たれています。

 

こうしたことから、高齢の方には、理づめで説明するよりも、エピソードをまじえてイメージが湧く話し方が理解されやすく効果的であるといえるでしょう。

 

第二に、高齢者のコミュニケーションは、流暢さが低下し話題の寄り道・脱線が増える「迂遠」と呼ばれる状態になります。

 

これは、本人にとっては「言葉が喉まで出かかって出ない」などという形で体験されます。こうしたときに周囲は、つい話をせかしてしまったり、本人の気持ちとは違うことを話題にしてしまうことがありますが、注意が必要です。周囲の対応としては、話が脱線をおだやかに修正しながらゆっくりと話を聴くことが大切です。

 

また、周囲から話しかける際には、要点をしぼって、ゆっくりと話すようにして、1回に話す内容は1つに絞るようにしましょう。世代の差から来る語彙の違いもコミュニケーションのギャップにつながりますので、高齢者が慣れた情緒表現を使うように心がけることも大切です。

 

高齢者うつ病の治療

高齢者うつ病の治療は、薬物療法などの生物学的治療、精神療法、環境調整の3本柱で行います。

 

サイト執筆者紹介

ハンドルネーム:Big Sugar

 

このサイトを作成したBig Sugarです。
子供の頃にアスペルガーと診断され、現在も一般の会社に勤めるには支障があるため、自宅で様々な病気のサイトを作成し、少しでも病気に悩む皆様のお役に立てればと思って頑張っています。
アスペルガー症候群や発達障害に関するサイトも作りましたので、よろしければご覧ください。
>>速習!アスペルガーの基礎知識
>>発達障害の芸能人